三田巡朗のぐるっと廻って

事物(もの)を知らないまま大人になってしまった。自然と共に。

オオスカシバの幼虫(2)

オオスカシバの幼虫ぷりぷりして、モリモリ食べるオオスカシバの幼虫は、「かわいい!」と評判。飼育したり、研究したりするオオスカシバ ファンは、結構多いようです。

オオスカシバはガです。幼虫は、イモムシなのでアゲハチョウの幼虫と間違われますが、お尻にツンと一本角が生えている大きなイモムシは、スズメガ類の幼虫の特徴です。

ガの幼虫の多くは、人の育てている植物に発生し、枯れてしまうほど食べつくしてので害虫とみなされますが、害虫だかといって毛虫や毒蛾になって人を刺したり、被れさせたりするわけではありません。毛虫や毒蛾は一部の種類に限られるようです。

ref: 蝶(チョウ)の幼虫図鑑不明幼虫の問い合わせのための画像掲示板理科の論文集-全ての掲載論文(あすなろ学習室)


【オオスカシバの幼虫 ギャラリー】


関連記事:


Tagged as:

Leave a Response